海外はバスが来ない!?

僕はオーストラリアのメルボルンに16歳から、トータルで一年間留学していました。

f:id:Hiroty:20170403212418j:plain

 

 

その前から海外旅行の経験は多かったので、

海外にはある程度慣れていましたが、

生活するとなると、また話は別です。

 

 

 

今日はそんなメルボルンでの生活を日本での生活と比較しながらについてお話します。

 

 

 

まず、どの国に行っても避けては通れない「交通」についてです。

 

 

 

日本の電車、バスというのは基本的には遅れることなく、

定時で必ず来ます。

仮に遅れるとしても、連絡があり、謝罪があり、そして返金などの手続きもすべて整っています。

 

 

しかし、海外ではそうもいきません。

これら全てがありません。

 

 

 

また、遅れることなんて日常茶飯事。

その時間も大幅です2,30分遅れることなんて当たり前です。

時には来るはずのバスが来ないこともあります。

 

 

 

そんなこと日本ではありえないでしょう。

 

 

 

ここで一つ、僕が経験した話をしましょう。

 

 

バイトで夜遅くまで働いていた僕は、

帰る時間が毎日10時や11時でした。

 

 

 

なので、いつも帰るバスは、最終バスです。

それを逃したら家に帰れません。

 

 

 

その日もいつも通りバスを待っていたら、

何かが変でした。

いつもそこに止まっているはずのバスがありません。

 

 

 

それから10分、20分とバスを待っても来ませんでした。

終いには1時間待っても来ないので、電話しました。

 

 

すると、驚くことに、電話に出たスタッフは

そのスタッフは、運転手と連絡を取ることも出来ないらしく、

バスの状況も把握していないのです。

 

 

 

 

その時言われたのは

「いつもなら着いてるはずだ。特に事故の報告もないので、待っていれば来るだろう。」と言われました。

そんなことはわかってる。来ないから電話してるんだろう。

腹が立ちました。

 

 

 

とは言え、その人は悪くないので

怒らず待つことにしましたが、さらに1時間待っても来ないので

結局タクシーで帰りました。

 

 

 

このような自体が起きるのは、

先程も言ったようにバスの運転手と連絡が取れないなど

会社によってしっかり管理されてないためバスの運転手の独断で

早く出発したり、停留所を飛ばしたりするからです。

 

 

 

つまり、運転手の気分なのです。

 

 

 

皆さんも海外に行くときは気をつけてください。

海外は日本と違って、時間にルーズです。

 

 

 

 

明日は、メルボルンでのバスや電車の乗り方について説明します。

 

 

 

留学経験がある方、興味がある方はコメントください!