読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キレてもよかった…?

今日家族で妹の検診に来ていた時に、

時間もあり、お腹が空いていたので1人でコンビニに行きました。

 

 

 

コンビニでは、パンと唐揚げを買おうと思い、レジ前でどの唐揚げにするか悩んでいました。

 

 

 

すると、店員さんが出ようとした時に

たまたま僕がレジに行きました。

 

 

 

 

そして、唐揚げのパックが2個残っていたので

一つ頼みました。

 

 

するとそのコンビニの店員さんが、

「ありません。」

歳は僕と同い年か1個上くらいの人です。

 

 

その言い方の酷いですが、

目の前にあるはずの唐揚げがないと言ったのです。

 

 

 

 

「じゃあ、あれは何ですか?」と尋ねると

「あれ入ってないです。」と店員さん。

僕は「入ってない…。は、はぁ(-_-;)」

困惑です。

 

 

 

とりあえず、パンだけ買って帰りました。

 

 

 

今思えば、キレても良かったかなと思いました。

 

 

 

というのも、そのパックはテープが貼ってあったのです。

仮に入ってなかったとしても、あえてそこに2個置いてるのはおかしい。

 

 

 

完全に舐められました。

 

 

僕はああいう時、怒れない性です。

もっと言えば、質問すらしません。

 

 

 

 

 

そういうのは甘いのかなって思いました。

 

 

 

外国人ビジネスパートナーを持つ母から、よくこんなことを聞きます。

「外国人はなんでも交渉する。引き下がらない。」

 

 

確かに、それに比べて日本人は

「遠慮」してしまう部分があるかもしれません。

だとすると、僕は典型的な日本人のようです。

 

 

 

 

ビジネスにおいて交渉は日常茶飯事。

日々の生活においても、引き下がらずに率直に物事を言うべきなのかもしれません。

 

 

 

 

僕は18歳です。

まだまだ、甘い。もっと精進して学ぶ必要がありますね。